病院ごとの特徴とは?

一般病院・診療所・個人病院の特徴

看護師は転職するケースが多い職業です。 その理由は女性が多く結婚・出産・子育てなどがありワークスタイルを変えなければならないからです。 ここでは、看護師の転職先の一般病院・診療所・個人病院の特徴をご紹介しましょう。

まずは【一般病院】の場合です。 病院の近隣にお住まいの人々の健康づくりをお手伝いします。 地域に根ざした看護がしたい看護師にはおすすめの職場のひとつです。

一般病院は大学病院や地域医療支援病院などの中核病院とは違います。 急性期というよりも超急性期を脱した患者様を在宅に繋げるための大規模病院と診療所の中間に位置する病院です。 急性期病院とは、緊急性があったり重篤な症状の患者様に対して「入院」「手術」「検査」など専門的で高度な医療の提供ができる病院のことです。

一般病棟にプラスして療養病床を持っているケアミックス型の病院も増えています。 「生活習慣病の予防」「人間ドック」「健康診断」など地域との密接な繋がりに注力する病院も多いです。 急性期病院と比較すると平均在院日数は比較的ゆるやかです。 ひとりひとりの患者様に向き合える時間もとりやすいでしょう。

しかしながら、最近の医療事情では急性期病院の在院日数が短縮されています。 複数の合併症を持っている患者様が増えている場合もあります。 「じっくりと患者様と向き合える」とは言い難い面もあるでしょう。

地方都市の中規模病院の場合は看護師不足に悩まされている病院も多いです。 「希望している通りの休みがとりずらい」とか「看護師一人にかかる負担が大きい」という声もあります。

次に【診療所や個人病院】の場合です。 こちらの場合は良くも悪くも経営者である院長の経営方針や診療方針にあなたが合うかどうかがポイントになります。 あなたが心から尊敬できる医師ならば医療知識を学べて楽しく仕事ができるでしょう。 そういった診療所の場合は離職率は低いですし勤続年数は長いです。

一般病院と比較して、次々に患者様を診察する診療所の場合は、てきぱきと流れに乗って業務を遂行する能力も要求されます。 少人数ですから、看護業務以外の事務作業も担当することが多いです。 診療時間が限定的だったり、大学病院と掛け持ちで勤務する先生も多いです。 パートタイム的に仕事がしやすいのでプライベートの時間は多くとれるかもしれません。