大変だけどやりがいのが大きい産婦人科での仕事

看護師の産婦人科での仕事

看護師の仕事というと病院をイメージする方も多いと思いますが、以前からある仕事で看護師が活躍している仕事に、助産師の仕事があります。女性の出産をサポートする仕事で、妊娠から出産、そして出産後の健康のサポートまでを行っていきます。

看護師の資格とは別に、助産師の資格を取る必要があり、看護師資格を持っている方は助産師の養成学校に1年間通った後、試験を受けて合格する必要があります。少し大変ですが、やりがいもある仕事です。

助産師の仕事は出産の前から始まります。女性は妊娠すると定期健診を受ける事になりますが、その健診の際のサポートをまずは行います。

妊娠している女性は健康面でも精神的にも不安定になってしまう方も多いため、安心感を与えるように接する事が大切になります。出産は助産師の力が一番発揮される所で、女性が赤ちゃんを無事に出産できるようにサポートしていきます。出産してからは赤ちゃんとお母さん両方のサポートを行います。

最近は産婦人科で育児のサポートも行っている所もあります。お風呂の入れ方やごはんの食べさせ方などをお母さんに伝え、出産後にスムーズに育児に繋げていけるように指導を行います。

また、出産直後の妊婦の方は体力的にも弱っている事が多いので、体調が戻るまで健康管理も行います。行う業務の幅は広く、資格が別途設けられている事からもハードになりやすい仕事です。ただしその分やりがいもあり、自分が苦労したから手助けをしたいという方も多いです。

産婦人科の収入は看護師の中でも高めに設定されている事がほとんどで、初任給で30万円を超えるケースが多くあります。

収入面でも、仕事に見合った金額が頂けるため、モチベーションにも繋がりやすくなります。もちろん、出産のサポートをする仕事というのは、お金だけの面で考えられるものではないため、自分がなぜ助産師の仕事をしたいのかという事を良く考えて、決める事をお勧めします。