看護師はパートでも高収入が狙えます!

家庭との両立が叶うパート看護師の働き方

薬剤師パート募集は女性が多く仕事をしている業界で、女性特有の事情というものもあります。その大きなものに、家庭の事情があります。子供が小さかったり、夕方からは家に戻って食事などの支度をしたいなど、それぞれの事情があり、仕事もそれに合わせて融通を利かせて働きたいという看護師の方は多いです。

そうした方のためにも、色々な勤務形態ができるように配慮されてきており、正社員以外にも派遣やパート、アルバイトとして働く事ができます。

まず、家庭と両立したい場合、正社員は難しいかというと、確かに病院の仕事は夜勤などがあるため、夕方に家庭に戻るというスタイルは作りにくいと言えます。

ですが、病院以外の医療関連施設、例えば老人ホームやデイサービスセンターなどであれば、比較的残業が少なく、夕方に戻れるという職場もあります。そのため、家庭があるからと言って正社員を諦める必要はなく、まずはこうした時間に余裕を持って働けそうな求人をチェックしていくと良いでしょう。

また、短い時間しか働けなかったり、仕事に入れない曜日がある場合はパートやアルバイト勤務が向いています。バートとアルバイトはあまり差はありませんが、パートの方がアルバイトよりも時間や入る日数が多いです。

小さな規模の病院やクリニック、診療所などでは夕方には診察も終わるため、働きやすくなっています。看護師のパートやアルバイトはその専門性の高さから時給が高めに設定されている事も多いため、短時間でもまとまった収入になります。

最後に、派遣社員や契約社員で仕事をする事もできます。これは一定期間、派遣先の職場に出向いて働くという形態で、仕事としては社員と同等の仕事をする事になります。

忙しくなってくる時期が前もってわかっている方の場合は、こうした勤務形態で働くのもお勧めです。看護師の働き方には様々な種類があるので、自分のライフスタイルに合わせて働き方を変えていくようにしましょう。そうすれば、完全に辞めることなく、看護師の仕事を続けられます。

薬剤師がドラックストアを選ぶメリットデメリット

薬剤師さんの中には、ドラッグストアで勤務したい方も多いと思います。ドラッグストアとひとことで言っても様々です。調剤が中に入っているか、また調剤と一緒の店舗であればメインはどちらか、という事になります。一般的には薬剤師は調剤に常駐していて、空いた時間にOTCという流れになるでしょう。OTC販売は登録販売者が見ることが多いです。

大規模なドラッグストアに勤務する場合、お給料は悪くないと思います。とはいえ調剤薬局同様、積み重ねて来た経験は中止されるのが基本です。調剤の有無に至っては、ドラッグストアの場合はどんどん調剤を取り入れている店舗が多いと思います。調剤を併設することによって、トータルヘルスケアをイメージする店舗は少なくありません。

以上をふまえて考えてみると、これからのドラッグストア勤務の薬剤師、という位置は尊重される可能性があります。もちろん、調剤を取り扱うドラッグストアのケースにもよりますが…。

調剤を併設していないケースでは薬剤師がいてくれればありがたいけど、登録販売者がいれば、とりあえずいいか、というパターンも考えられます。とはいえ、第一類薬品の販売は薬剤師専門になりますし、知識だって登録販売者は薬剤師にはとても届きません。と考えると、薬剤師の需要はまだまだありそうです。

お給料面についてみていきましょう。ドラッグストアに勤める薬剤師の生涯賃金を見てみると、調剤薬局だけの薬剤師と比較して高いと考えていいでしょう。会社の大きさや経験年数によっても異なりますので一般的にと思ってください。通常はメーカーと調剤薬局の真ん中くらいのお給料となり、20代後半から40代前半の薬剤師さんで、平均500万円から750万円の年収になりそうです。

ですが休暇面では土日祝日、お盆や年末年始の連休など休めるとは限りません。シフト制が殆どだと思います。休暇面を大切にしたい人は、調剤薬局かメーカー勤務をお勧めします。ドラッグストアも会社の考えかたも在りますので、それによってもだいぶ変化がありそうです。

また、チェーン店の場合は転勤もあるかもしれません。調剤併設でないドラッグストアの場合は、調剤の勉強はできません。さらに、薬剤師というよりも、お店のスタッフとしての印象を、お客さんからは感じさせます。

もしも転職先にドラッグストアを考えている場合は、地域展開を行っている、調剤併設の店舗をお勧めします。地域に強いドラッグストアであれば、転勤もそんなに遠くへ、と言ったこともないでしょう。調剤の技術も勉強できるのが調剤薬局の良いところですよね。

調剤薬局にしてもドラッグストアにしても、店舗にいる間にしっかり調剤スキルを磨いてください。 ドラッグストアは、転職先に選ぶのにはそんなに難しくない業種だと思います。

薬剤師が製薬会社勤務を希望するメリット、デメリット

薬剤師さんの中には、調剤薬局やドラッグストア勤務ではなく、製薬会社を職場としたい人もいるでしょう。製薬会社の勤めの初めてのお給料は、一般的な薬剤師さんと比較すると抑えられ気味ですが、上場会社を選択することによって、その後の伸びしろが大きくなることもあります。長い間勤務すると海外赴任や単身赴任の確率も上がっていきますが、その分お給料も期待できるでしょう。

製薬会社勤務の大きなメリットは、ボーナスが薬局勤務の薬剤師さんや、病院勤務の薬剤師さんと比較して、相当多いことです。企業にもよりますが、薬剤師手当がプラスされる場合もあります。ですがその手当も、薬局と比較してしまうと抑えられ気味です。薬剤師手当は営業職の方が内勤よりも多くもらえるため、お給料も若干多くもらえるでしょう。

生涯もらえる賃金としては、普通に勤めていけば、どの薬剤業務よりも一番手にできる確率は高いです。とはいえ大きな企業であればそれだけ、転勤粗可能性や海外勤務の可能性も増えるため、かかる費用も多いかもしれません。

会社の規模や社内での立場にもよりますが、40歳前後の薬剤師の場合は、1千万以上年収をもらっている人もいます。どのメーカーでもありうる、と言ったことではありませんので、入社する際や、転職活動の薬剤師さんは、しっかりとした下調べが肝要です。

途中入社という形でメーカーに転職したい人もいると思いますが、製薬会社勤めというのはスキルや経験が物を言う世界ですので、やはり培った経験がないと厳しいかもしれません。ですから、製薬メーカーに転職したいケースでは、スキルを磨くか、さもなければ、営業職として入るのもひとつのです。とはいえ営業というのはノルマが必要になりますので、なかなか簡単なことではないということを覚えておきましょう。

社内には様々な部署が存在します。自分の持っている経験や技術と照らし合わせ、転職サイトのコンサルタントにアドバイスをもらうのがオススメです。